タイ国内セールス・レップ業務

【概要】

世界的に個人旅行(FIT)化が進む訪日旅行。現在は、タイ市場でも約7割がFIT旅行者となっています。
このように旅行の形態は変わりづつけていますが、実はFIT旅行者も団体ツアー旅行者も旅行会社を利用しています。
団体ツアーはもちろんパッケージツアー商品の購入を、
FITの旅行者は航空券やホテルの手配、鉄道会社のパスなど個人向けの商品を購入しており、
旅行会社を利用する機会は両者ともに多いのです。

よって、タイ現地の旅行会社を押さえることは、タイ人観光客誘致のために必要不可欠。
スイムは、タイのバンコクにオフィス構え日々営業活動を行なっているので旅行会社との距離感が近いのが強みです。
常に足を運びコミュニケーションをとり最新の旅行動向をリサーチ。
旅行商品や観光地のPRなど、日本からのセールスコールのサポートに加え、現地の旅行会社へのセールス代行も行なっております。
日本からだとなかなか手が届かない現地旅行会社へのPR、ぜひおまかせください。

 

【セールスコールをする3つのメリット】

① 直接担当者へのPR
旅行会社へ直接自社商品や地域のPRができ、ツアー造成など実際の誘致につながる。

②旅行会社スタッフからの生の情報
旅行会社のスタッフから直接タイ人旅行動向のヒアリングができる。

③タイのマーケット情報が集まる
タイ国内にレップ(代理店)を置くことでタイ国内の情報を日々アップデートとPRができる。

 

【スイムができること】

・現地セールスのアポイント代行
・商談用のビジネスレベル(N1)通訳手配
・移動用車両・ドライバー手配
・市場調査のアテンド、案内
・旅行会社、現地メディアへのセールス代行
・現地代理店業務(レップ業務)

 

【担当者からのコメント】

旅行会社へのセールスは自社のPR・ツアー造成と誘致に結びつきやすいので、定期的に行うのがよいでしょう。
しかしながら、日本からタイへ営業に来る場合、予算の関係上、半年〜1年に1回程度とどうしても少なくなってしまうことが多いようです。
タイの特徴として旅行会社の担当者が転職で変わることも多く、年に数回の面会だと継続的なリレーションを築くのが難しいケースもあります。

タイマーケットから本気で集客を狙う場合、タイ国内にレップ事務所を置き、日常的な営業をすることが必要になってきます。

訪日タイ人の集客に関する無料相談

訪日タイ人の集客について色々と調べたり、実践しているけれど、いまいち効果が出てないと悩んでいませんか? スイムではタイ国内にあるメリットを最大に生かしたマーケティングに取り組み

タイ国内の日常的なセールスやPRのサポート
最新の市場動向を生かしたプロモーション
マーケティング・セールス費用の大幅削減

など、集客効果、費用対効果が良い取り組みのサポートをしております。
マーケットの動向や旅行博などの状況などご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。