タイ国内トラベルフェア (旅行博)

PRと販売、マーケティングリサーチを同時に行うことにより、
実際に誘致へと繋げる施策を行っていきます。

自社の旅行商品、地域・観光地を直接PRする方法のひとつに旅行博があります。
タイ人集客におけるすべてがこの旅行博の数日に凝縮されており、事前準備から当日の運営までを一貫して行います。

旅行博は旅行感度の高いタイ人に直接自社の商品、自地域をPRできる数少ない機会のひとつです。本来であればイベントの特性を最大限に活かしたPR、販売、マーケティングの3点を同時に行うべきです。しかしながら多くのブースが対応できていないのが現状です。高額な費用を払い出展している以上しっかりと事前準備を行い、数少ない機会を有効に利用する必要があります。

旅行博での理想的な流れとしては、自社商品や自地域の売り出したい部分をしっかりPRし、興味を持った方が旅行会社で購入をする。また質問やヒアリングのマーケティング活動を行い不足している情報や今後の施策の検討材料とし持ち帰るというものです。これらを遂行するためには最低2ヶ月の準備期間が必要となります。準備はPR先の選定、旅行会社の商品造成とプロモーション、当日のヒアリング事項やアンケートの実施など精度をあげていくことが必要になります。

タイ国内の旅行博で主に押さえておくべき旅行博はこちらの2つ。
◉TITF(Thai International Travel Fair)
国際旅行博。年に2回開催。一般消費者向けに、旅行代理店や航空会社、ホテルなどが出展する。年々減少傾向にあるものの会場次第では集客に期待できるため押さえておきたい旅行博。

◉FITフェア(Visit Japan FIT Travel Fair)
JNTOが主催する、訪日旅行商品の即売会。「日本旅行に興味があるタイ人」と言うターゲットがしっかりとセグメントされているため旅行感度は高い。

旅行博は施策の事前調整を含む当日の運営全から通訳派遣やチラシ印刷などの一部サポートまでお受け可能です。

■PR商品の選定
タイ人が求めるもの、タイ人へ売り込みたいもののバランスを見極め効果的なPRが必要となります。また、コンテンツを最大限表現できるタイ人にあったデザインの見せ方や、その導線もしっかりと作りこんでいきます。
PRはブースデザイン・印刷・施工、チラシデザイン制作・印刷、ノベルティ制作、タイ語通訳派遣など多岐に渡りこれらすべてのサポートが可能です。

■旅行会社への商品造成
旅行博に出展する旅行会社へ商品造成をかけます。すでに販売している商品であれば露出の強化、まだ旅行商品や自地域へのツアーを販売していないようであれば造成のお手伝いを行います。旅行博の裏番組として会場へ足を運べない方向けのオンライン施策なども対応可能。オンラインとオフラインを絡めた施策を打ち出していきます。

■マーケティング
実際に日本に行ったことのある、またこれから日本へ行くタイ人旅行者が何を求めているのか直接ヒアリングを行います。アンケートなどを使った定量調査と合わせて、よりひとりひとりに焦点を当てた定性調査を行うのに適しています。普段表に出にくい情報を引き出し今後の集客に活かします。